• HOME >
  • マンションリフォームを考えている方へ

新潟でマンションリフォームを考えている方へ

一戸建て住宅と違ってマンションリフォームはいろいろな制限があります。分譲マンションには、「専有部分」と「共用部分」が区分所有法によって規定されており、さらにそれぞれマンションごとに定めた規約共用部分があり、マンションの大半は住民全員の共有財産となっています。故に、共有している部分は勝手にリフォームすることはできません。

マンションの専有部分とは
区分所有法では、”区分所有権の目的たる 建物の部分”と規定されてます。すなわち、 個人の所有が認められている部分で、室内 のほとんどは専有部分です。
マンションの共有部分とは
区分法で定められている「法定共用部分」と管理組合規約で定める「規約共用部分」があり、マンションの構造体、エントランス、バルコニー、エレベーター、屋上、給排水施設の設備は「法定共用部分」で、管理事務所、集会室等は「規約共用部分」です。
point1
リフォームができるのは、専有部分だけです。
point2
専有部分も共有部分とつながっています。マンションリフォームをする際はルールに従い工事をお願いしましょう。

マンションリフォームをお考えの方へ [専有部分]

1.マンションリフォームに関する知識

専有部分のリフォーム工事で管理組合の承認がいるもの

  • ・エアコンを増設したい。
  • ・換気扇を追加したい。
  • ・給湯器の熱源・能力を変更したい。
  • ・電気容量をアップしたい。
  • ・衛星放送(BS・CS)やケーブルテレビが観たい。

専有部分のリフォーム工事(部位別)

リビング、キッチン、バスルーム、洗面脱衣室、トイレ、ベットルーム、 子供部屋、和室、書斎・趣味室、収納、玄関廻り、全面改装、間取り変更 etc

マンションリフォームの際の部位別制限

構造体 構造柱や梁、各戸界壁、床スラブなどの構造体はすべて共用部分になりますので変更できません
外壁は個人でリフォームをすることはできませんが、内壁(室内の壁) はマンションの構造により、リフォームができるものとできないものがありますので管理組合に相談するのも良いでしょう。
パイプ 排水管・給水管・ガス管などが通っているパイプスペースは共有部分になります。変更・移動はできません。
キッチン ・浴室
(水周り)
システムキッチンやユニットバスの入替はできますが、マンション配管の縦配管は共用部分になり、縦配管の変更を伴う設置場所の変更はできませんが、原則としてできないので管理組合に相談してみましょう。
サッシは共用部分になります。原則的にはリフォームをすることはできません。但し、防音などのために内側に内窓を取付けて二重サッシにすることは可能です。
廊下 室内の廊下は専有部分になりますのでリフォームができます。外廊下は共用部分になりますのでリフォームをすることはできません。
玄関ドア 玄関ドアは共有部分になります。故に、ドアの移動や交換・塗り替えはできませんが、ドアの内側は専有部分になるため、ドアの性能を損なわない範囲で内側部分の変更ができる場合があります。管理規約の確認が必要になります。
バルコニー・ベランダ バルコニーやベランダは、共用部分になりますのでリフォームをすることはできません。

2.マンションリフォーム工事の前にすべきこと

管理組合の了承

マンションリフォームは、ほとんどの全ての工事において、マンションの管理組合の届け出が必要の場合が多く、マンションリフォーム工事の契約前に管理組合に伝え、管理規約の確認などをして、了承を得ておくことが最も大切です。

近隣あいさつ

マンションリフォームは、工事中の騒音などで近隣に大変迷惑をかけることになりますので、近隣への挨拶は大切で一般的になっています。 (近隣挨拶:両隣り・お向かい・上下階)

工事内容の認識と確認

工事着工前には、リフォーム会社の現場担当者(営業担当)から工事日程や内容についての説明を受けますので、その際は全員で工事内容の認識のすり合わせをして、お互いの誤解などを防ぎましょう。

工事中の仮住まいや工事車輌の駐車場の準備

仮住まいはリフォーム会社が相談に乗ってくれますので、ぜひ相談をしてみてください。工事車両を駐車する場合にマンションの駐車場を利用したい際には、管理事務所や管理組合に確認をとっておきましょう。

3.マンションリフォーム工事中にすべきこと

工事内容の食い違い防止

工事が始まっても任せきりにしないで、定期的に現場に行って打ち合わせや説明を受け、これによって、工事の状況に関心を持ち、工事内容の食い違いを未然に防ぐことができます。

工事中のチェックポイント

工事が始まっても任せきりにしないで、定期的に現場に行って打ち合わせや説明を受け、これによって、工事の状況に関心を持ち、工事内容の食い違いを未然に防ぐことができます。

全体・進行
工事終了後に後かたづけや清掃がなされているか
工事が工程表通りに進んでいるか
追加工事・変更工事部分に関して、確認書を文書で交わしたか
追加工事・変更工事部分に関して、見積書に影響を与える内容は再度見積書を作成したか
契約したものと同じかどうか
下地工事が仕様どうりかどうか
壁・天井
契約したものと同じかどうか
下地工事が仕様どうりかどうか
コンセントやスイッチの数や位置は図面どうりかどうか
建具
契約したものと同じかどうか
ドアの位置や開閉の方法は図面どおりかどうか
設備機器
契約したものと同じかどうか
図面ではわかりにくい、リモコン、手すりなどの取付位置の確認

マンションリフォームをお考えの方へ [共用部分] ~管理組合様~

1.マンションリフォームの共有部分点検

マンションの老巧化は意外なところで進んでいます。劣化は住まいの快適性・資産性を奪うだけでなく、人命をも危険にさらします。おやっと思ったら注意信号で、まず、点検が必要です。

マンションの老巧化現象

  • ・外壁、屋上、共有廊下、バルコニーのひび割れ
  • ・手すりの柱脚部の錆びやひび割れ
  • ・鉄骨階段の床の錆び
  • ・開放廊下天井の漏水跡
  • ・タイルの欠落や白華現象
  • ・モルタルの浮き、欠落
  • ・室内の天井や壁にシミや漏水跡
  • ・台所・浴室の悪臭
  • ・水道水に濁り・赤水が出る
  • ・排水が悪い ・シャワーの出が悪い ・テレビの映りが悪い

1.こんな現象を見かけたら注意信号で補修工事が必要です。

1.マンションリフォーム大規模工事

工事の準備から着工まで

建物の調査
工事の前に建物の調査を依頼し、劣化状況を確認し、工事の範囲や仕様を相談しておきます
↓
工事計画立案
建物の調査結果から、必要な工事を選択をして材料などを選定してもらいます
↓
見積書作成
複数の施工会社から見積りを依頼し、作業内容を項目別に明記した見積書も作成してもらいます
↓
工事の契約
見積書を検討して施工会社を決定し、工事契約書.注文書を取り交わして工事の契約を行います
↓
掲示板の設置
エントランスに掲示板・ポストを設置してもらい、工事行程・工事案内などの掲示をします
↓
工事説明会
施工会社に住民や区分所有者を対象に、工事期間中の注意事項などについて説明会を行ってもらいます
 
 お問い合わせはこちら

ハートライフダイケンってどんな会社?

  • 会社案内

    新潟県新潟市で創業して50年。
    ハートライフDaikenは、地元のお客様に必要とされる会社を目指します。

    詳しく見る
  • ハートライフDaikenが
    選ばれる理由

    数あるリフォーム会社の中から、弊社を選んでいただいたお客様のご意見をまとめました。

    詳しく見る
  • 店舗・スタッフ紹介

    ハートライフDaikenは、新潟市内に3店舗。それぞれのお店とスタッフのご紹介です。

どんなリフォームしてるの?

  • ハートライフDaikenの
    リフォームって、どう?

    当社でリフォームされたお客様の生の声をご確認ください!

    お客様の声
  • 問い合わせしたら、
    どんな手順で進むの?

    お客様のペースで安心して進められます。まずは、流れをご理解ください。

    お問い合わせからご契約までの流れ
  • 施工事例を参考に予算や
    工期をご検討ください。

    小工事から増改築・大型リフォームまで、私たちの実績をご確認ください。

    施工事例
【お電話でのお問い合わせ】0800-800-6366(営業時間  9:00〜18:00) 無料お見積り・ご相談依頼はこちら

このページのトップへ