DATE 2018年9月4日(火)

スイッチオン!

情熱一心。いつもありがとうございます。

毎月の給料袋に入れている『高橋メモ』。

IMG_2126

高橋メモとは、その月に活躍した社員さんだったり、その時々に私が感じた事等、社員の皆さんに伝えたい事等を綴っています。
ご家族の方であったり、一人暮らしの若い社員さんには、ご家族の方にお送りし、社内の様子を知って頂ければと思っています。
拙い文章ですが、8月で気が付けば134号。毎月、想いを言葉、文字にする事の難しさを感じます。

その他、お客様にお送りさせて頂いているニュースレターのコラム。そしてこのブログもそうですが、
定期、不定期に、社員さん、お客様はじめ都度のタイミグで想いや会社の方向性を発信する事は、
会社の代表としてとても大切な事であると考えます。

これは一方的な発信ではありますが、コミュニュケーションツールが発達した現代において、
より発信力、伝える力が問われている様に思います。

どの様な時代においても『コミュニュケーション』とは、組織においては血液であり、
より良き人間関係を築く事においても根幹であると思います。

『伝える』

コミュニュケーションには様々な手段がありますが、言葉によるもの。文字によるもの。
大きく捉えると、この二つに集約されます。

『言葉は命』と言われる様に、言葉も本当に大切。
人を傷付ける事もあれば、人を勇気づけ、励ます事も出来る。
言葉によりその想いの温度感も感じる事が出来る。

しかし言葉によるコミュニュケーションは、その場にいた人にしか伝えることが出来ず、
それと比べ、文字によるコミュニュケーションは、波及性と継続性が生まれます。

そしてまた、ネット等の普及により遠隔地とのコミュニュケーション手段が多様化した現代、
文字にする事なくして伝える事は難しい時代になりました。

社内での連絡事項は勿論、弊社には、多数の若いスタッフが願晴ってくれています。

若いスタッフへの社会人としての道標は勿論、皆と想い、進むべき道を共有するには、
やはり、文字にする事は、大きな意味を持ちます。
を文字にする事は、時に手間であり、面倒な面も多々あります。
だからこそ、会社の代表として文字にする事から逃げない。

そしてまた、文字は勿論、言葉を含め、
社内は勿論、お客様、関わって頂く皆様とより良き『コミュニュケーション』に努めていきたいと思います。

、、、、ブログが久々の投稿になってしまいました(^^;
不定期ではありますが、こちらも願晴ります!

カテゴリー:

ハートライフダイケンってどんな会社?

  • 会社案内

    新潟県新潟市で創業して50年。
    ハートライフDaikenは、地元のお客様に必要とされる会社を目指します。

    詳しく見る
  • ハートライフDaikenが
    選ばれる理由

    数あるリフォーム会社の中から、弊社を選んでいただいたお客様のご意見をまとめました。

    詳しく見る
  • 店舗・スタッフ紹介

    ハートライフDaikenは、新潟市内に3店舗。それぞれのお店とスタッフのご紹介です。

どんなリフォームしてるの?

  • ハートライフDaikenの
    リフォームって、どう?

    当社でリフォームされたお客様の生の声をご確認ください!

    お客様の声
  • 問い合わせしたら、
    どんな手順で進むの?

    お客様のペースで安心して進められます。まずは、流れをご理解ください。

    お問い合わせからご契約までの流れ
  • 施工事例を参考に予算や
    工期をご検討ください。

    小工事から増改築・大型リフォームまで、私たちの実績をご確認ください。

    施工事例
【お電話でのお問い合わせ】0800-800-6366(営業時間  9:00〜18:00) 無料お見積り・ご相談依頼はこちら

このページのトップへ